人をつなぎ、情報をつなぐ   日本と台湾をつなぐ

そのために、私たち「OneLineワンライン」は、しなやかで強靭な線を描き続けます。
「親日的で、文化や習慣も日本に非常に近い」と言われることの多い台湾ですが、日本で発信される台湾の情報は決して多くはありません。
それは、日本語で発信される情報が少ないということでもあり、日系企業の皆様がいざ台湾事業を展開しようとした際に、事業計画の基礎となる情報が集めにくいということをも意味します。

私たちは、日台関係のプロとして、より正確な台湾情報を、積極的に日本の皆様に向けて発信してまいります。

そして、日系企業の皆様の台湾事業をご支援をさせていただく中で、日本人と台湾人とが、 多様な価値観を認め合い、補完し合えるような人脈作りのお手伝いをさせていただきます。
日系企業様には、台湾に来てよかったと思っていただける、
スタッフの方々、取引先、お客様等、様々な形でそのプロジェクトに関わってくださる台湾の人たちにも、心から歓迎してもらえる、
そういったビジネスモデルを立案し実現することは、決して簡単ではありません。

それでも、私たちワンライン自身が、日本人・台湾人を問わず、互いにリスペクトを持ちながら、ひとつひとつのプロジェクトの成功に向けて、協力して業務を遂行できる企業になることで、その理想に近いビジネスモデルをお客様にご提案できるのかもしれません。

それは、私どもにコンサルティングをご依頼いただくお客様にとっても、より大きなビジネス成果につながる、確かな方策となるはずです。
私たちが今関わらせていただいているプロジェクトには、日本・台湾・中国の事業連携を重要課題とするケースも多数ございます。
今、日中関係も台中関係も、様々な課題を抱えていますが、良好な日台関係が、3国間の事業連携を円滑に進めるためのひとつのポイントとなります。そういった事業連携のお手伝いをすることで、日中・日台間の関係改善に、何らかの形で寄与すること、それもまた私たちの大きな目標です。
こういった取り組みの成果を次の世代につなげて行くこと、それが台湾で生まれた日系コンサルティングファームであるワンラインの使命であると確信しております。

2016年1月
ワンラインコンサルティング/伝辰顧問股份有限公司